創掘祭とは?

そもそも創掘祭とはどういうものか、その背景をふまえつつ説明いたします。

はじめに

高性能化が進み、今や片手で持ち運べるノートパソコンでも動画編集ができる時代。ゲーム実況などは

そのなかでも大きなコミュニティを形成するのが「Minecraft」、そして「VOICEROID」です。

通称「マイクラ」と呼ばれるこのゲームは、サンドボックスと呼ばれる自由度の高さが特徴です。ブロックの集合から世界を作り出し、遊びを生み出す。ゲームの中でゲームをする、という感覚は私たちを瞬く間に引き込んでいきました。

世界一売れたゲームともいわれるMinecraft、今ではワールド製作で収入を得る「プロクラフター」が登場するほどで、日本にもJCUという組織が創設されています。

一方、ゲーム実況の難易度を下げたのが「音声合成」でした。無償で使えるAquesTalk(ゆっくり)から私たちに浸透しはじめた世界は、その最先端を行くAI Talkと、VOICEROIDという私たちでも購入可能な製品を通じて広がったのです。

結月ゆかりの登場により広がったVOICEROIDの世界は広がり続け、ゲーム実況からイラスト、マンガ、そして歌うボイスロイドまで、非常に多岐に及んでいます。

その2つの世界が出会ったのははるか前。この両者はともに歩み、そしてガガさん主催で「ゆかりんぴっく」が2回にわたって開催されました。しかし「第3回」は開催されず、VOICEROID達の増加とともにそれぞれ別の道を歩み始めました。

VOICEROIDをはじめとするAI Talk、CeVIOなどとMinecraftを再び結びつける、そして表舞台で活躍し続ける「古参」と、新たな風を吹かせる「新人」を交差させる取り組み、それが「創掘祭」プロジェクトです。

開催履歴

第1回

2017年12月16日

第2回

2018年11月3日

第3回

未定